大きく始めるより、小さく確実に進むこと

こんにちは、守屋です。

何かを始めたいという衝動と共に、行動する人は多くいるかと思います。

・自分の店を持ちたい
・プロサッカー選手になりたい
・1億円稼げるようになりたい
・引き締まった身体にするため5キロ痩せたい

など、人それぞれに始めたいと思っていることがあり、その為に覚悟を決めて取り組み始めるものの、多くの人は挫折を経験しているのではないでしょうか。

大きく始めることは、大きな挫折を伴う恐れあり

気合と覚悟を固め、取り組んだものの意外と手間がかかる、思うような結果を得られないと分かると挫折して止めてしまう、諦めてしまうことは良くある話です。

ラーメン屋をやりたいと思った人が、脱サラした資金を元手に開業したもののコンセプトが無く、家賃や人通りという立地条件、コストやアルバイトの育成など思っている理想とは異なり1年もたたずに店じまいをするケースなどよく聞く話ではないでしょうか。

もし、小さく確実に進めていく場合だったらどうでしょう。

サラリーマンとして働いて資金を貯めながら、週末だけお店を借りてラーメンを提供する週末起業を始めました。

するとラーメンの味をお客様からダイレクトに聞くことができ、現場に立つことで必要な人材や設備も分かるようになりました。

半年ほど経過すると週末にだけ開くラーメン屋が美味しいという評判が口コミで広がり、行列が出来るほどに成長。

そこで売り上げを作り、リピーターを作りに成功したことが自信となっていざ脱サラしてラーメン屋を開業しました。

小さく始める中で理解してくる「コツ」と「やらないことリスト」

小さく始めていけばリスクは少ない分だけ大きく成功することもありませんが、その中で分かってくることがあります。

1.コツを掴める

スタートから大きくやり始めると失敗がそのままドロップアウトとなってしまう為に慎重になりすぎて思い切った行動や新たな試みに挑戦することが出来ません。

小さく始めた場合は、失敗することがあってもリスクが少ないので何度も挑戦しながら「上手に出来るコツ」を掴むことが出来ます。

例えばダイエットだった場合、夏(7月末)までに1ヵ月という状況で5キロ落とそうとすれば、やるべきことは

・ハードワーク
・過度の食事制限

という形と取るかと思いますが、もしその結果として体調不良になったりすれば元も子も無いわけです。

ですが、夏まで逆計算して2月、3月から始めた場合、1ヵ月に落とす体重は限られているので少しずつ自分に合うダイエット方法を試しながら続けられるわけです。

そして痩せるコツ(手段)を掴んでしまえばあとは強度を高めて取り組めば理想の体重になるというわけです。

 

2.やらないことリストを作る

次に重要なのは小さく始めるにあたり、色々と試行錯誤するはずです。その中で失敗した事例をメモしたり記録に残し、

【やってはいけないこと】

リストを作っていきます。するともし失敗しても新たな挑戦によって起こった失敗であるため、消去法で成功に近づいていることになります。

トンネルの先に成功という光が見えるとした場合、どこを掘れば成功に辿り着くか見ることは出来ません。ですが、一つの穴を掘っていく中で違うと判断したら大事なのは「同じ場所を掘らない」ことです。

そうすれば着実に成功へとたどり着くことが出来ます。ほとんどの人は、時間の経過と共に同じ場所(過ち)を繰り返す行ってしまいます。

ぜひ、大きく始めてリスクを伴わせるよりも物事を始めるときには小さく始め、

1.コツを掴む
2.やらないことリストを作る

ことを頭に入れて取り組んでいくと、最初は小さかったとしても最終的に大きな結果を得ることが出来ます。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓