”あの人がやっているから始めた”で成功はあるか

こんにちは、守屋です。

ある企業から、

「〇〇社も導入し始めたと言われている〇〇システム。うちも導入した方が良いでしょうか。」

というどこかの企業が導入した情報を入手して、自分のところでも導入しようか検討しているという質問をされました。

日常生活の中でも、

・〇〇(芸能人)愛用の化粧品
・多くの人に愛されている商品
・今一番売れています

というキャッチコピーに購買意欲を動かされて買ってしまう、使用するということは多々あるかと思います。

もちろん生活用品などに関して言えば人と差別化する必要は全くないので自由で構わないと思いますが、「成功」について考えた場合はどうでしょうか。

”あの人がやっているから始めた”のリスク

例えば500万の資金があり、何か事業を起こして成功したいと思っている人がいたとします。色々な成功しそうな事業を検討していたところ雑誌で、

「フリーターが元手23万からFXで500万まで作り、掃除屋を始めた結果年商1億円を突破」

という記事を目にしました。そこでフリーターでも500万で掃除屋を始めれば年商1億円ということなら自分でも出来ると思って掃除屋を始めることにしました。

しかし、元から掃除が好きだったわけではなく、思っている以上に地域差があることが分かり、結局資金を使い切ってしまい再度就職して普通に働くようになりました。

同じことをしても、その過程や思考は異なるもの

誰かの二番煎じとして、事業を始めたところで本物の成功は無いと思っています。

なぜそう言い切れるかと言うと、事業自体が同じであってもそれまでの過程や思考の違いから同じ結果が得られるとは限らないからです。

さらに言えば、成功を収めた人物の断片を見ただけであって、その人の全てを知らないのに便乗するということはリスクが伴うということになります。

 

もしかしたら雑誌の記事で読んだ内容は盛られており、実は年商1億円も達成しておらず、記事を読んだ人を集めてセミナーや講演会、勉強会などで収入を得ることが本当の目的かも知れません。

誰かに憧れて事業をすることの全てが悪いとは思いませんが、憧れて始めるということは、新たな憧れを抱いた人物に乗り移っていく可能性もあるということです。

もし何かしらの事業、分野で成功したいと思っているのであれば最初は誰かの真似事であったとしても、自分で考えて取り組むことを止めない様にすることをお勧めします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓