言葉のチョイスで伝わり方は変わる

こんにちは、守屋です。

子供がテストの成績で80点を取って帰ってきたとき、あなたはどんな言葉で答えるでしょうか。

「80点だったの?あと少しで100点だからもう少し頑張りなさい。」

「出来なかったところはすぐに復習して100点を取れるように頑張りなさい。」

など「80点だった」という低かったとことを評価して伝える人も中にはいるかも知れません。

子供にとって80点は決して悪い点数ではないと思っていたのに落ち込んでしまい、それ以降、勉強への意欲を失ってしまいました。

相手の表情を見極め、言葉をチョイスする

仕事でミスをした社員に対して、すぐに激怒する上司がいます。

それはミスの中身を聞くことも調べようともせずに、「ミス」という行為だけで怒りを覚えてしまう典型的なタイプです。

「もうミスをするな!注意しろ!」

と伝え、社員はミスを恐れて萎縮しミスが発生しないような無難な仕事しか着手しないようになりました。

その行動に上司は苛立ち、

「もっと積極的に新しいことに挑戦しろ!」

と自ら矛盾の言葉を繰り返し、最終的に社員を退社に追い込んでしまいます。

 

人は自分の成功体験を通じて、それが正解であるかのように同じ成功体験を伝え続けてしまいます。

ですが環境や状況、人それぞれに成功体験は異なるので、自分の時代と照らし合わせて考えると伝えただけで理解されることはありません。

相手の表情や状況、そしてどんな言葉が相手の次の行動や心理に影響を与えるか考えて伝えなければいけないのです。

もしも社員がミスをしても、そのミスが前向きなチャレンジによって起こったものであれば、

「チャレンジしたからこそ、上手にいかない方法を一つ見つけることが出来たんだ。どんどんチャレンジしていいからな。ただ、一度相談してくれると、より成功の確率が高くなるとだけアドバイスしておくよ(笑)」

と伝えることで相手は、ミスを怒られることなく、むしろ挑戦して良いんだと前向きになり積極的にチャレンジする思考が強くなってきます。

また、一人で考えることなく相談しやすい雰囲気を作ってあげたことでコミュニケーションが取れるため、今どんな段階なのか分かるようになります。

 

言葉のチョイス一つで、相手への伝わり方は変わり次の行動も心境も変わってきます。

ぜひ何かを伝えるときには、深呼吸して言葉のチョイスが間違っていないか頭の中で変換を何度もすることをお勧めします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


今、かなり読まれています↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

今月、多くの人が注目しています↓↓