欠点は、長所と発想を変えてみる

こんにちは、守屋です。

誰にでも長所と短所は少なからずあるものです。特に苦手意識を持っている部分はコンプレックスと思う人もいるかも知れません。

そんな自分の欠点も発想を変えれば、長所になる可能性を秘めています。

・身長が低いですが、プロバスケットボール選手として日本代表に選出されました。

・中卒ですが、数十億円の利益を生み出すラーメン屋経営に成功しました。

など世の中では一般的にそのジャンルにおいて欠点と思われることでも、発想を変えて成功している人は多くいます。

あなたの抱えている欠点は、誰しも抱えている問題のケースも

「ダイエット」というテーマは今後も無くなることのない永遠の課題として男女が意識する一つです。

・寝ながら理想のボディになりました。
・わずか2ヵ月で-10キロに成功しました。
・食べる量はそのまま。○○を飲むだけで3ヵ月で-7キロ。

など自分に置き換えて「これなら私でもできるかも」と思わせるダイエット商品や運動がいくつも紹介されています。

そして共感が生まれればヒット商品として認知され、大ヒットとなるのです。

ある地域のサッカースタジアムではアクセスの悪さが問題となっています。それはスタジアムに足を運ぶ、新規の観戦者が口を揃えて言うことです。

 

しかし、簡単にスタジアムの立地を変えることはできません。もしも、そこでクラブがアクセスへのアプローチを大胆に変更し、

「スタジアムにアクセスするまでの過程が日本一楽しいクラブ」

と呼ばれるようになったらどうでしょうか。不便だと思われていたスタジアムは、いつの間にかアクセスする過程が楽しいと評判のスタジアムになっていたのです。

欠点はどんな企業でも人間でもあります。ですが、発想を変えれば長所となり、同じような欠点に苦しんでいる人の助けになることが出来ます。

ぜひ自分は欠点ばかりだと考えている人は、その欠点は最大の長所に変化する可能性が秘めているかも知れません。

欠点に対してネガティブにならずに、長所になるのでは?という発想を持つことをお勧めします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓