結果が出ないときこそ、自分自身を応援することの重要性


こんにちは、守屋です。

成功者の多くは必ずと言っていいほど、自分自身を誰よりも信じて応援し続けています。結果にはタイムタグが発生し、スタート当初は誰も見向きもしない状態が続きます。

その期間が長ければ長いほど、自分自身も走り続けるのをやめて歩きだしたり、途中で休憩して離脱する人もでてきます。

それでも歩み続けて走り続けることで、結果として成功を収めることが出来ます。

 

結果が出ない期間に、自分を信じれるかどうか

私の持論ですが、

「正しいと思える種を蒔き、栄養を与え続ければ収穫(結果)は必ずできる」

というものがあります。

誤った種を蒔いて栄養を与え続けても、それは収穫が一時的なものであったり、枯れてしまう恐れがあります。

犯罪に手を染めてしまったり、人の役に立つことじゃない可能性もあります。栄養を与え続けることは必須ですが、早ければ良いというものではありません。

種から芽が出て、成長していくには最低限の時間が必要となります。

1日で収穫したいと考えるのは安易であり、1日で獲れたものは単発で終わってしまうことが多いです。

 

成長するプロセスの中で、どうしても自分を信じれなくなる期間があります。嫌なことが重なり、「何やっているんだろうか」と自問自答する時期が必ずきます。

ですが、それは収穫が近いことを示す合図なのです。

そこで耐えれずに離脱してしまった人、まだ収穫期ではないのに収穫してしまい得れる結果の半分以下になってしまった人。

結果が出ないときこそ、自分自身を信じて応援することが重要なのです。

 

成功(結果)を出すために何かしら取り組んでいる人は、導入期、成長期、成熟期と自分がどの位置にいるのか把握し、結果が出ないときでも自分を信じて応援することを忘れないようにしましょう。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。