自分と周りを比べる時期が必要な理由


こんにちは、守屋です。

「自分は自分。周りと比べる必要なんてない。」という言葉は多くの成功者が述べられているかと思います。

実際に私も周りと比較する必要はないと感じています。ですが自分のプロセスを振り返ってみると、必ずしも周りと比べることは悪いことではないなと思うわけです。

できることなら物心ついたときから、自分の夢や目標に向かって一直線に行けるならそれに越したことはありません。しかしそれが可能なのは、ごく一部であるのも事実です。

オリジナルを最初から作るより、モニタリングから始めた方が成長が速い

子どもの頃、テレビで観た選手に憧れ、サッカープレーヤーを目指して練習するというのは良くある話です。憧れの選手のシュートの癖、ドリブルの癖、パフォーマンスなどすべてを真似ることから始めます。

それは表面的なものだけではなく、どんなメンタリティーでトレーニングに取り組んでいるのか、何のためにサッカーをしているのか全てを真似ます。

すると子どもはあるフェーズまで、自分のモニタリングしている一流選手と同じようなパフォーマンスになるように努力をします。

そしてある一定のレベルに達した後、自分のオリジナルの武器を身につけて世界で勝負するのです。最初からオリジナルを作るより圧倒的に真似る相手がいる方が上達も成長も速くなります。

周りと比べることはある段階に入れば必要ないことかも知れませんが、スタートの段階では目標とする人物(企業)をしっかりと設定する必要があります。その都度、比較していくことで自分に足りないもの、追いついているもの、優れているものが明確になります。

 

ぜひ最初から自分のオリジナルで何かを始めようとしているのであれば、あるフェーズまでは自分の尊敬する企業や人物をモニタリングして比較しながら成長していくことをお勧めします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓

投稿者:

shingo moriya

静岡/大阪/soccer/基本的にサッカーについて呟いてます。勝利の仕組みはどこにあるのか、熱狂の仕組みは何か探求し続けています。毎日お昼頃にブログを更新してます。