会話力って訓練したことありますか?

こんにちは守屋です。

有名な世界の投資家、ウォーレン・バフェット氏は若かりし頃、自分が人前で話すことが苦手でした。会話力を身に付けるために学校に通い、人前で堂々と話せるようになり多くの人を惹きつける(投資してもらうため)ことが出来るようになりました。

 

 

スノーボール(改訂新版)〔下〕 ウォーレン・バフェット伝 (日経ビジネス人文庫)

人を惹きつける会話力は、訓練(意識)無くして得ることはできない

自分にどれだけの才能があったとしても、それを多くの人の前で発表し魅力を伝えることが出来なければ理解を得ることはできません。

 

会話が無くても魅力を伝えることが出来ないわけではありません。絵を通して魅力を伝える芸術家、写真として伝えること、音楽として伝えること、方法は沢山あります。

 

ですが、最初からその魅力が分かるかといえばそんなことはありません。そこには補足としての説明が必要になります。その説明こそ魅力を最大限に引き出すことに繋がるのです。

 

会話は生まれて物心ついたときから使っているものです。それでも訓練(意識)しなければ上達することはありません。声のトーンや間の取り方、そして惹きつけるためのユーモアや語学力。引き出しが多ければ多いほど聴衆は魅力を知ることになります。

 

日常において会話は家族間、恋人、友人、そして会社でも必ずと言っていいほど使うものです。もし会話に自信が無いなと思う人は、一生使うものだからこそある時期に訓練(または意識)してみることをお勧めします。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓