世界観が変わる。は、良くあること

こんにちは、守屋です。

「世界観が変わった」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。映画を観たり、綺麗な海を見たり、自分の憧れていた人に出会ったとき。過去の自分の中に無かった世界が見えます。思わず「世界観が変わった」と感じてしまいます。

自分も子どものころ、世界観が変わったと思えるときが何回かありました。ですが、実際に変わったのはその瞬間であって、感じた世界観に刺激されて行動に移した記憶はサッカー以外ではありません。

世界観が変わった瞬間から、いかに継続できるか

生きていれば色んな人や景色に出会います。そんな中、世界観が変わること瞬間を目の当たりにする人は感性が少し強い人なら今までに経験しているかも知れません。

 

ですがそれはあくまでも「自分が経験したことのない世界観に触れた」だけであって、自分がその世界観の住人になったわけではありません。

中学校のとき、選抜チームの一員として海外遠征をしました。当時のアヤックスやACミランのジュニアユースと試合をして、世界がどれほどのものか感じました。

日本でしかサッカーをしたことがない自分にとって、世界には同年代で物凄いやつらがいるなと驚きでした。そして帰りの飛行機の中では、このままではいけない。もっとハイレベルで練習をしようと決意しました。

ですが所属チームには自分ひとりしかその世界観を体験した人間はいませんでした。そのため、周りは世界レベルといきなり言われても困惑していました。

そして自分もいつの間にか世界を意識することなく、次の試合に勝つため(だけ)のトレーニングをするようになっていました。

 

世界観が変わるような瞬間に立ち会い、それをきっかけに刺激をもらったとしても継続しなければ意味がありません。その継続こそ、自分だけの世界観を作り出すことに繋がります。もし世界観が変わる出会いが訪れたとき、その心を保つための努力、仕組みを学ぶことが大事でしょう。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓