サッカー選手のリストラは明日やってくる

 
こんにちは守屋です。

サッカー選手のリストラは明日やってくる

についてお話ししたいと思います。

 

私はベンチャー企業に勤務していた当時、ほぼブラック企業だったこともあり、アルバイトも含めて入社と退社は日替わり弁当のように繰り返されました。

 
会社の中に腐ったみかん(やる気がなく給料泥棒)が存在していると、伝染するのも早いものです。

 
良いことは伝染しにくいですが、悪いことは秒速で伝染していきます。

 
その為に、結果が出ていない。修正して欲しいと伝え続けても、変わらないスタッフは、在籍しているだけで負の財産になってしまうわけです。

 
では、サッカー選手にとって腐ったみかんとはどんな選手でしょうか。

 
それは、周りに悪影響を及ぼす選手です。

 
サッカー選手が全員、必死にプレーして、練習して熱心に取り組んでいるかと言えば、現実として、そうではない選手がいるのも事実です。

 
例えば、飲酒、煙草、夜遊びや、法に触れる犯罪などを犯してニュースに取り上げられる選手もいたりします。

 
また、ピッチ内でも、直ぐに切れる、文句を言う、上下関係を前面に押し出す、ベテラン風を吹かす。

 

など、悪影響を及ぼす選手は腐ったみかんと言えます。

 
そんな選手と共にいれば、ご飯に誘われたり、悪いことを知りたくもないのに教えたりすることでチーム内に感染していきます。

 
契約期間中だから1年は問題ないと思うかも知れませんが、リストラは突然やってきます。

 

ベテランでレギュラーだった選手が突然ベンチに変わり、その後ベンチ外に。

 
また、監督交代という形で今まで築いてきたチーム内でのポジションを剥奪されてしまったり。

 
練習中での怪我、ピッチ外での素行による謹慎処分など、明日には試合に出れない環境はいつでも起こりうるものです。

 


じゃあ試合で結果を残せばいいのか。

 
私が思うリストラにならない定義は

 
【結果6割、人間性4割】
だと思っています。

 
例えば
・地域のサポーターに愛されている
・常にムードメーカー
・チームの顔

 

という人間性として非常に優秀で
あったとしても【結果】を出していない
選手を在籍させておくほど
プロは甘くありません

 
それよりも
・出場試合数よりも得点が多い
・J1アシスト王
・交代出場でも1得点入れる
・FK得点率J1で1番
・ボール奪取率Jリーグ5位以内

 

などその選手にしかない、秀でた
ものを持っている選手は監督の選択肢に
入るからです

 
98年、W杯、アジア最終予選で岡田監督は最後に野人岡野を交代で起用しました。

 

なぜでしょうか。
それは簡単で明確です。

 

足が速くて相手の裏に走れるから。

 
どれだけ地域に貢献していても
どれだけ、サポーターに愛されてても
どれだけ、チームのリーダーだと
言われていたとしても

 
ピッチの中で結果を残すことが
出来なくなってくれば
構想外になってしまうのは
仕方ないことなのです

 
だからこそ、常に自分の武器は何か
自分の特徴は何かを把握し、そこを
必死に伸ばしてアピールしなければ

 
何も残らない選手で
終わってしまうのです

 

これは会社組織でもそうです。

 
今後、世の中では
オールラウンダーとして活躍するなら
相当高い水準を広く持っていなければ
厳しくなり、

 

逆に浅く広くで
止まってしまっている人はロボットに
スタメンを奪われていくでしょう。

 
自分が突出した技術を持っているなら
それを更に磨きつつ、沢山の人とシェアしていくことで、

あなたの技術を必要とする人が

どんどん周りに集まり
変えが効かない選手になります

 
今からサッカー選手を目指す人も
今現在、プロとして、もしくは社会人として

活躍する選手も一度、自分の武器は何か
自分の特徴はなんだろうと考え

 

自分が監督だったらどんな時に
俺を使いたくなるかな?

 
と考えて見て下さいね。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


今、かなり読まれています↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

今月、多くの人が注目しています↓↓