新生活はギラギラしていた方が良いのか

こんにちは、守屋です。

この時期はギラギラした学生や新社会人を見ることが多いかと思います。眩しいなぁ…と思う人もいるかも知れませんね(笑)

ここでは社会人経験者から新社会人への忠告ということを伝えたいのではなく、誰にでも新しい挑戦を始めるときにギラギラすることがある中、どんな心理状況で臨むことが良いのかアドバイス出来ればと思います。

ギラギラしていても、現実にワクワクイメージがやられてしまう

海外旅行に行き、海外の素晴らしさを経験して留学を決意し、一生懸命お金を貯めて半年ほど行くことになりました。

最初、留学という願いが叶い、SNSにキレイなビーチやお洒落なカフェなど投稿したり勉強を頑張ろうとギラギラした気持ちでいました。しかし時間の経過と共に学ぼうとする気持ちより違う興味が沸いてきてしまい、1年と決めていた留学は半年で帰国することになりました。

上記のケースは稀ではなく、何か新しいことをスタートする場合、一般的にはやる気に満ち溢れているものです。ですが自分の中で描くイメージが最初の1週間の設定しか場合が多かったりします。

 

・新しいことに挑戦している自分が輝いているイメージ。
・新しい友達と作る綺麗なビーチを見ながら留学先の家に戻るイメージ。

その為にイメージと異なる1週間後、もしくは1か月後となると現実はギラギラしておらず、むしろワクワクすることなど無くなってしまうのです。

 

ギラギラするなら、覚悟を持って1年は継続

じゃあギラギラしてモチベーション高く新しい挑戦をすることは悪いことなのか?と言うと決してそんなことはありません。

ただ、覚悟を持って1年間は継続してギラギラすることを意識しなければモチベーションは落ちていきます。下がっていく原因は外部要因や人間関係と様々です。

ですが1年間継続してモチベーションを高く乗り切ることが出来れば、周りも自分もその状態が通常となってくるので今度は周りを自分のギラギラに巻き込むことも可能になります。

誰だって調子のいい人間、絶好調の人間が横にいれば便乗しようとしたり、一緒に仕事をしてみたいと思うものです。

最初の1ヵ月でギラギラが終わってしまうということは覚悟が足りないか、もしくは覚悟と決めた志は小さかったということになります。

 

パワー全開で行くより、6割スタートの自然体がベスト


ではどんなモチベーションで新しい挑戦や新しい何かを始めるべきかと考えると、パワー全開でスタートさせるよりも6割ほどの気持ちで始めることがベストだと感じます。

 

最初から鼻息荒くスタートし意気消沈するよりも、毎日余力を残すくらい(だからと言ってやる気がないわけじゃない)程度からスタートし、その自然体を継続する方がよりコンスタントな結果を出すことに繋がるかと思います。

スポーツ選手で考えるとプロ野球選手のイチロー選手は、毎試合全力でヒットを打とうとしていないと言えば語弊があるかも知れませんが、意気込んでいるというよりは自然体の状態で試合を淡々とこなしている印象を受けます。

同じように自然体の状態を意識して新しいことをスタートさせることで、急にパワーが切れたりすることなく継続することが出来るようになるのではないでしょうか。

 

ぜひ、新しいことに挑戦する、新しい何かを始めようとする時期でもありますので、あまり意気込んでスタートさせずに自然体を意識することで継続させることがポイントではないでしょうか。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


LINE@「友だち追加」 お願いします(^^♪

友だち追加 ※無料特典有り


=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================