「サッカーを知っている」サッカー選手とは

sakka
こんばんは守屋です。
【「サッカーを知っている」サッカー選手とは】

についてお話ししたいと思います。

一流のサッカー選手を評する際によく使われる言葉で「サッカーを知っている、熟知している選手」という表現が出てきます。

 

これはいったい何を意味するかご存知でしょうか。
・試合の流れがどちらにあるか空気で察知できる
・勝負所、勝敗を決めるプレーを理解している
・相手がどんな疲労感、苛立ちがあるかを感じ取れる

サッカーを知っている選手は、ここぞという場面で集中力を発揮して点を挙げたり、今だというタイミングで飛び出していきます。

 

それは接戦となっている試合ほど、そんな一つの行動が勝敗を左右することを知っているからです。

 

大事だと思える瞬間に勇気をもってリスクを取り、攻めることが出来るかどうかということが重要になります。

 

では、そんな勝敗を左右するような勝負の流れを感じとり、リスクを負って攻めれるよう、瞬時に判断する為にはどうすればいいのでしょうか。
実は、練習の中に、勝負の流れを感じることが出来るようになる仕組みが隠されています。

 

チーム練習は主に、ゲーム形式、チーム戦術、ポジション別練習、フィジカルトレーニングが中心になります。

 

その中でもチーム戦術、ポジション練習はチームの方向性を理解するのと同時に、自己アピールの場でもあります。
ここで一流の選手は考えます。
・自分が中心の場合のチーム

・チームが中心の中の自分
この2つを考えることにより、自分はチームの中でどんな役割かを考えることと、チームの方向性の中で自分は何を求められているかを考えます。

 

試合序盤、急にボランチがFWを追い越して裏に飛び出す動きをしたとしても、もしボールが来なかった、奪取されてしまったらリスクでしかありません。

 

常に練習からチームと自分の関係性を考えていることかどうか、この仕組みを知っている選手こそサッカーを知っている選手であるといえます。

 

これは会社でも言えるのではないでしょうか。常に自分を主張しても、タイミングを間違えばただの自己中心的発言になってしまいます。

 

ですが、新しい事業の際、会社の中で停滞してしまっている雰囲気を察知して主張するのであれば、それは勝負時を理解していることになります。

 

勝負時には一気に攻めること、これが重要になります。躊躇して中途半端に動くことによって周りもその動き出して良いのかが分からずに困惑してしまいます。

 

一瞬の判断の為に躊躇は出来ません。なので本番の為に練習(普段の仕事)の中で常に会社にとっての自分の立ち位置、自分にとって会社の方向性の中で何を求められているかを、常に考えておかなければなりません。

 

サッカーを熟知している選手のように皆さんも今やっていることを「熟知」している人間を目指してみて下さいね。