肯定的フィードバックが重要な理由

こんにちは守屋です。

何かを始めたとき、もしくは何かアイデアが浮かんでやろうとしているとき、多くの人は自信を持っているはずです。その自信こそが原動力であり、継続する源になるものです。しかし中には「そんなことはできっこない。」と否定的な意見を言ってくる人もいます。

否定されることで「見返してやる!」と逆にモチベーションが上がる人もいます。否定されること、肯定されること、どちらがモチベーションを維持できるのか考えて見たいと思います。

否定的なフィードバックはスタート時。走り出したときに必要な信頼する人からの肯定的フィードバック

否定的なフィードバックがモチベーションになるときはどんなときか。そんな風に考えると、やはりスタート時なのではないでしょうか。周りから反対されるほど、見返したい気持ち、評価をひっくり返したいという気持ちが沸き出てくるものです。

 

成功者や起業家の多くはアイデアが世に出る前に、批判を受けたり笑いものにされてきた経緯があったりします。しかし成功を手に掴むまで諦めずにやったからこそ世間に評価され、批判していた人々を見返すことができるのです。

 

では肯定的なフィードバックはどのようなときに必要か。そう考えると出口が見えない時期こそ信頼できる人からの「きっと大丈夫」の声が必要とされていると感じます。

何かを始めるときにはモチベーションが高く、否定的な意見があったとしてもやる気が勝っています。ですが出口が見えない闇の中に入る期間が必ず存在します。その期間は誰からもリアクションが無かったり、思うように物事が進まなかったり、経営状態が悪化して闇から脱出できるか分からない不安に押しつぶされます。

そんなとき、必要となるのが信頼できる人からの「きっと大丈夫」という言葉です。多くの成功者の自伝や本を読んでいると必ず分岐点でパートナーから暖かい肯定的フィードバックを受けています。その結果を受けてやる気を取り戻し、出口を見つけて一気に闇を脱出しています。

何かを始めるとき、批判はモチベーションになります。走り始めた後、出口が見えない期間に必要なのは肯定的なフィードバックと頭に入れておくと、挑戦している人にどんな言葉をかけるべきか参考になるかも知れません。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


43分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、2日に3本のペースで売れています。
=================

30分に1人のペースでアクセスがあります↓↓