第20回JFL 1st第10節 FC今治vsFCマルヤス岡崎 マッチレポート

日程:5/20(日)13:00
試合会場:ありがとうサービス.夢スタジアム
入場者数: 2,489人
主審:道山 悟至

FC今治【7対1】FCマルヤス岡崎

5分 中野 圭 (FC今治)
14分 盛礼良 レオナルド(FCマルヤス岡崎)
18分 有間 潤(FC今治)
27分 上村 岬(FC今治)
37分 長島 滉大(FC今治)
43分 長島 滉大 (FC今治)
85分 西埜植 颯斗(FC今治)
90分+2分 小野田 将人(FC今治)

第20回JFL 1st 第10節FC今治vs.FCマルヤス岡崎

【前半】

FC今治は前半4分に左サイドから起点を作り、1本目のCKを早々に獲得。長島が上げたボールを中野が頭で合わせて幸先良く先制。

FCマルヤス岡崎も14分にロングフィードをレオナルドが背後へダイレクトで落とし、走り込んだ岡部がPA内で倒されPKを獲得。これをレオナルドが確実に決めて同点。

18分FC今治、上村が中央で貰うと、右サイドの金子に一度預けてDFを揺さぶり、リターンパスを上村がワンタッチでクロスを上げ、三田がヘディングで折り返し最後は有間が押し込み引き離すと、27分にPA付近で得たFKを上村がゴールネット左に突き刺しリードを広げる。

 

その後27分と43分には長島が相手のミスを逃さず立て続けに得点を決めて5-1で前半を終える。

【後半】

後半立ち上がり、マルヤス岡崎に押される場面もあったがCBの太田、中野を中心に声を出して集中力を切らさず守り抜く。

85分には後半から投入された西埜植が流れの中からPA手前から冷静に右サイドに蹴り込み6点目を挙げる。

ATには自陣からロングフィードがマルヤス岡崎DFの裏のスペースへと供給され、小野田がマイボールにするとそのままドリブルで持ち込み、キーパーのポジションを確認して冷静にループシュートを放ち7-1とし試合終了のホイッスル。

【総括】

セットプレーの強化をしていただけに、CK、FKでの素晴らしい得点は選手たちの自信となり、吉武監督も新たな得点のオプションとして一つの選択肢となったのではないだろうか。

また、得点ランキング上位の有間以外にも、長島、上村、小野田、西埜植と、どのポジションの選手でも得点を取れたのは選手のモチベーションも上がるはず。

同時に得点が取れない状況が今後生まれた中で、自分が得点を奪うというシュートへの意識、積極性を多くの選手にもたらしてくれるだろう。

 

そして何より開幕戦以来、ホームで勝ちが無かっただけに選手はもちろんのこと多くのサポーターがホームでの勝利に再度自信をもってFC今治を応援していこうと心身の充電には充分の試合だったはず。

 

ただ一つの不安材料となるのは、今回相手が最下位のチームであったことで自分たちの実力が確実に上がっているのかを、確信を持って言えるのかどうかの判断材料には少し欠ける部分がある。

次節、HondaFCを相手に今回のように前半からしっかりと決めきることが出来るか、そして決定力のある相手に対して守備陣が最後まで崩れずに守り切ることが出来るのか試されるとこではないだろうか。

【夢スタが1ヵ月でとんでもない速さで進化しすぎていた件】

マッチレポートはまた別で、以前、夢スタに足を運んだ際に、

【FC今治、夢スタのスタジアムグルメは本当に儲かっているのか?】

FC今治、夢スタのスタジアムグルメは本当に儲かっているのか?

という内容で書かせて貰いました。

「今治に住んでもいない野郎が何を言ってやがんだ!!!」

 

と、今治市民の反感を買いまくっていたんじゃないかと色々と思っていましたが、1か月後に再度、足を運んでみて凄まじいスピードで進化していたのでここに報告しておきます!(これから夢スタに初めて行く人の参考になれば嬉しいです。)

 

階段付近での「気を付けて下さいねー!」という常時スタッフの声かけ

まず、初めにチケットを購入してスタジアムに階段を上がっていくところに関して言えば、常時両サイドの階段にスタッフが常駐しており、人が通るたびに声かけしてくれていました。

スタッフさんと、多くのサポーターはコミュニケーションを取っていた感じもあったので、階段への注意もしながら一つの会話にもなっていたという印象です。

売り子!売り子!いましたよ売り子!

後半は、色んな角度からスタジアムを観ようとメイン席からゴール裏に移動しようとしたら何やらいるじゃないですか!

売り子さん!飲みたかったーーーー!というか、声をかけていたのかな応援していたサポーターには?

いや、そんなのどうでも良いんですよ。(どうでもよくないが)行動しているかどうかが大事であってその第一歩というか新たな行動をしているFC今治には素晴らしいスタッフがいるなと感心しました。

筆者はこの日、あまりの暑さにビールどころではなく両腕と顔面が日焼けしてしまい途中から今治の応援の熱さなのか、しまなみからくる紫外線なのか分からないほど熱かったです。。

大画面ビジョンが会場入り口から場所を変え、グルメパークでも楽しめるように?

前回スタジアムに足を運んだ際に、入り口横に大型大画面ビジョンがありましたが、今回はスタジアム下に設置されていました。

試合が始まるまでは、子供がスーファミでマリカー(ドンピシャ世代)に夢中で大人の自分もやりたい衝動に駆られながら横目で見ていました。

(移動イメージは赤色から青色へ)

しかし、ハーフタイム中にスタグルを食べようと階段を下りてみると、試合中継をしているじゃないですか。

前半は分かりませんが、これって試合観戦はもちろんのことスタグルを楽しんでいる人への配慮から配置換えしたのかな?と思いましたが、どちらにしてもテーブルがあるところから画面が観やすかったです!

 

最後に…

FC今治、夢スタジアムで自分が感じたことを以前、生意気にも書かせて頂き本当にFC今治の関係者及び、サポーターなどには申し訳ない気持ちでいっぱいでした。

 

そして、やっぱり声に出して言うのであれば足を運んで生で確認することは絶対に大事だなと改めて思いました。

自分の記事がFC今治に関わる方々に読まれたかどうかは分かりませんし、それがあって改善したかどうかなんておこがましいにもほどがあります。自分にそんな影響力は全くないと思っています。

 

ただ、どんなクラブでもスタジアムの中に隠れている問題点に普段とは異なる外からの目線で気付くかどうか、サポーターの「何となく口にした声」を流すか受け止めて行動するかっていうのは本当に大事なことだなと感じました。

 

また、夢スタに足を運んで応援したいですし、全国の素晴らしいスタジアムでサッカー観戦しながら色んな楽しみを発見できれば良いなと思います。

 

今回も色んな経験ができ、凄く楽しく試合観戦が出来ました。ありがとうございました!

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


今、かなり読まれています↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


=================

今月、多くの人が注目しています↓↓