とりあえず行動する。という罠

こんにちは守屋です。

「とりあえず考えてばかりいるなら、行動した方が得るものは大きい。」

似たような言葉も含め行動力がある人間であれば、一度は感じたことがある経験かも知れません。たしかに行動力は重要ですが、行動するにも「質」を意識しなければ軽率な行動となってしまいます。

行動する質を意識しなければ、同じ失敗を繰り返してしまう

・考えすぎて行動しない。
・行動するが失敗ばかりする。

前者は行動力が無く、後者は行動力があっても行き当たりばったりの状況を生み出してしまいます。重要なことは、一度決めて行動したら考えないこと。そして行動するときは「質」を求めることです。

とりあえずで行動する人間は、失敗しても「次また行動すれば良いや。」という考えから失敗の原因を考えようとしません。

 

またその失敗がなぜ起こったのかを、行動から振り返ることもしません。なぜなら次の行動をすぐに起こしてしまうからです。

そのため、軽率な行動やとりあえず思い付きで行動する習慣が身に着いてしまい、本気で質の高い行動をする癖がつかなくなります。

 

すると失敗の原因を探るより、また別の面白そうなものに興味をもち行動する。転々と面白いものを求めて行動するので深く一つの物事に取り組むことが出来なくなります。

やりたいことが多く、アクティブな人間というのは多趣味でバイタリティーがあると言えますが、逆を言えば一つの物事を極めることが出来ないとも言えます。

とりあえず行動することが習慣化されてしまうと、一つのことを突き詰めて極めることが出来なくなる可能性があります。

考え込んで行動しないよりはいいかも知れません。

 

ですが、行動の質を高めるためにも「とりあえず行動する」というスタンスではなく、行動の意味やアクションを起こすことによって何を得るのかを考えて動くことが、より質を高めるくれるはずです。

最後まで読んで頂いて、とても嬉しいです。 ありがとうございます。


もしよければLINE@を「友だち追加」して無料特典も受け取って下さいね☆
仕事の依頼もこちらから可能です。

友だち追加 ※お得な無料特典有り


37分前に、購入された方が2人います↓↓
=================

Twitterフォロー お願いします(^^)


現在、48時間で3本のペースで売れています。鬼木祐輔(フットボールスタイリスト)の分かりやすいアドバイス!!
=================

24時間以内に32人がアクセスし興味を持っています↓↓