声をかけて見なければ分からないなら、声をかけるべき

こんにちは、守屋です。

 

「いや…そんな当然のこと今更。。」と思う人は今日の内容は読まなくても全く問題ありません。なぜなら、積極的に声をかけている人か、もしくは頭の中で答えを導き出すことに長けている人だからです。

 

今回は、
・何か聞きたいことがあるけど、声をかけて良いか迷っている
・相手が忙しそうだけど、声をかけて良いものか悩んでいる
・自分の中で答えが出ているけど、モヤっとした状態

の人が見て頂ければと嬉しく思います。

声をかけて相手から直接聞かなければ真実は分からないもの

例えば多忙だと思っている人に何かしら聞きたいことがあるものの、聞けないでいる人がいるとします。

実際に忙しいかも知れませんし、相手にメッセージを送っても相手にされないかも知れません。ですが、それはあくまでも、

「かも知れない」

というこちら側の勝手な妄想であり事実ではないのです。もし、そこで勇気を出して声をかけ、自分が想像していた返事であれば仕方ありません。

ですが、もしも相手が真剣に相談に乗ってくれて的確なアドバイスをしてくれたらどうでしょうか。その体験はあなたにとって、

 

「聞いて良かった!自分の中で勝手に決めなくて良かった。」

ということになりモヤっとしていたものがスッキリするはずです。

だからと言って何度も相談したり声をかけるのは相手のことを考えていないことになりますので注意が必要です。

例えばホリエモンこと堀江貴文さんにある青年がTwitterで自分が悩んでいることをコメントしようか悩んでいました。ここで大事になるのが、

・同じ質問が他に無かったか
・すでに解答を別のところで言っていたりしないか

などはチェックしておく必要があります。

「楽に稼ぐ方法教えてくれませんか?」

 

というすでに大半の人が思っていて聞いているようなことを聞くのは、最初に記載したように「悩み」ではないことが多いです。

質問された側も真剣に答えるのが馬鹿らしくなってしまいますし貴重な時間を搾取されたいとは思わないでしょう。

ですので、声をかけて見なければ分からないなら声をかけるべき。というものの、

本当に悩んでいるのか
本当に聞いてみたいことがあるのか(以前に聞かれていないことか)

などを考慮した上で聞くことを頭に入れておくと、声をかける質、つまりは「質問力」の向上にもなりますので意識して見ると良いかも知れません。